R.シュトラウス

今回のプログラムの最後は、R.シュトラウスの歌曲を配置しました。

献呈

万霊節

明日!

の三曲。

まずは若い頃の作品「最後の木の葉(Letzte Blätter)による8つの歌曲」より、”献呈”と”万霊節”。

シューマンの歌曲と同じ「献呈」と訳されますがシューマンは”Widmung”、シュトラウスは”Zueignung”。

内容もだいぶ異なります。

献呈も万霊節も、それぞれに愛する人への思いを歌ったものです。

献呈は、自分を理解し、導いてくれた愛する人への思いを、万霊節は、亡くなってしまった恋人に対する思いを。

「明日!」もまた恋人とのことを歌っています。シンプルながらも、「4つの最後の歌」にも通ずる、「時」という概念がなくなったかのような世界が広がる美しい名曲です。新婚の妻でソプラノ歌手のパウリーネのために書かれたと伝えられる「4つの歌曲」作品27の最後の曲にあたります。

 

井上雅人・小瀧俊治 ジョイントリサイタル

2018年 3月23日 19:00

sonorium

お申し込みはこちら

advance 2

コメント

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)