ラヴェル/リスト

7月17日、8月2日と気鋭のピアニストさんとご一緒します。
7月17日は菊地裕介さんとラヴェル。
20078423b 2
フランス歌曲に全く取り組んでいなかった自分にとっては、とんでもない難曲です。特に「博物誌」は語りの要素がほとんどですから、難易度は相当高いです。「ドゥルシネア姫に思いを寄せるドンキホーテ」はラヴェル歌曲の中でも有名ですから、聞いたことは何度かありましたが、こちらも歌うのは初。
「冬の旅」案から一気に方向が変わりこのようなプラグラムになり、自分にとっては良い機会だったと思います。
天才的な菊地さんのピアノは必聴です。


 
続いて、まだ新進気鋭といった感じですが、ウィーンで学ぶ高木竜馬君と8月2日にリストのプログラムを。
20150802a のコピー
リスト歌曲は最近少しずつレパートリーに取り入れてきていますが、今回は「3つのペトラルカのソネット」「ローレライ」を取り上げます。ピアノはリストのピアノソナタ。ボリュームのある曲ばかりのコンサートです。終演後に無料のワイン付き懇親会も付いています。

コメント

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)