新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

昨年は多くの皆様にお世話になり、心より御礼申し上げます。

 

昨年は、三善晃「遠い帆」、三木稔「レクイエム」など自分にとっても印象に残る公演もたくさんありましたが、なによりも、高校3年の時から長い間厳しくも心を持って指導をしてくださった師匠 平野忠彦先生の急逝がありました。

また、人として、音楽家としての未熟さを痛感した一年でもありました。

無事に多くのコンサートを終えられたのも、周りの方々のお陰。
今後は、その恩を返していけるようになっていかなければと思っています。

昨年までの自分に一区切りをつける意味でも、12月の連作歌曲集「冬の旅」全曲演奏会は自分にとっても特に意味のあるものとなりました。

巨匠の演奏を真似たり気取ることなく、等身大の自分をぶつけた「冬の旅」。
sonoriumの素晴らしい音響と、浜野氏のより進化したピアノと共に演奏できたからこそでした。

m1

今までの自分としっかり向き合い、その上で新しい「旅」を始めます。

今年は自分自身の変化・成長の年としたいと思っています。
年男でもあり、人として演奏家として成長すべく、一歩一歩頑張りたいと思っています。

その第一歩が3月20日のデビュー10周年記念リサイタルだと思っています。

20150320a 20150320b

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

井上雅人

コメント

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)