井上雅人 第10回 バリトンリサイタル

出演者プロフィール

 

井上雅人 バリトン

井上雅人

山形県新庄市出身。山形北高音楽科を経て、東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院オペラ科修了。二期会オペラ研修所を最優秀賞・川崎静子賞を得て修了。フィンランドに渡りM.Holopainen女史の下で学ぶ。2010年上海万博「世紀のコンサート」に招かれ〈第九〉のバリトン独唱で出演。NHK交響楽団定期公演〈サロメ〉(デュトワ指揮/NHKホール)第1の兵士役、上海交響楽団公演〈サロメ〉(デュトワ指揮/上海シンフォニーホール)第1の兵士、第2のナザレの二役で、新日本フィルハーモニー交響楽団公演「エスタンシア」(アルフテル指揮)にバリトン独唱で出演。オペラでは他に〈フィガロの結婚〉フィガロ、〈椿姫〉ジェルモン、〈マクベス〉マクベス、〈蝶々夫人〉シャープレスなど主要な役を演じる他、團伊玖磨〈夕鶴〉惣ど、三木稔〈じょうるり〉阿波抄掾、三善晃〈遠い帆〉徳川家康、望月京〈パン屋大襲撃〉若者など、邦人のオペラ作品にも意欲的に出演している。バッハ「ヨハネ受難曲」イエス、モーツァルト「レクイエム」、三木稔「レクイエム」(管弦楽版初演)など宗教曲のソリストも多く務めている。東日本大震災以降、東北出身の音楽家として、毎年福島にて小学校や施設にて無償のコンサートを開催。現在も継続し開催している。二期会会員。

 

6月25日出演

金持亜実 ソプラノ

 

 

榛葉樹人 テノール

 

 

小滝翔平 ピアノ

 

 

6月26日出演

小瀧俊治 ピアノ

 

 

金子展寛 箏

 

 

 

もう一人は年明けに発表いたします