練習について

何回かに分けて、普段質問の多い事項について、お答えしていこうと思います。

 

まずは、特に多かった「毎日どれくらい練習するのか」という質問です。

 

声楽家は声が楽器です。なので、体調を崩しているなどでない時は基本的に毎日練習はします。

が、器楽のように1日に何時間も練習することはできません

スタジオで生徒のレッスンをして、その後コンサートやオペラの稽古に行って、のような毎日。それだけでかなり声を出しますし、それ意外に声を出して練習をするのは、自分の場合は1日30分程度が多いです。何もなければ1,2時間声を出して練習することもあります。長時間練習をすれば良いというものではありません。効率良く、きちんと目的を持って練習をすることが大事です。スポーツも一緒ですね。

それ以上の時間を使って、声を使わない練習・勉強を行います。呼吸法、運動、ストレッチ、それとは別に、譜読み。

実質的に声を使う時間というのは限られます。

また、どこで練習をするか、ですが、僕の場合はレッスンや稽古の前に、その会場で練習をすることが多いです。

コロナ禍ですから、在宅で仕事をなさっている方も多いでしょうし、家で練習をすることはここ2年ほどしていません。

逆に周りの音が気になることは増えましたが(苦笑)

譜読み=声を出す、と勘違いしてしまう方も多いですが、声を出さない時間の方が圧倒的に多いと思っています。

練習のしすぎで声の調子を逆に崩してしまう人も多いです。過保護はいけませんが、酷使もまたいけません。

良い塩梅を見つけることが大事ですね。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)