(このページは常時更新していきたいと思います。はじめは箇条書き程度から進みますので、ご了承ください)

山形県新庄市 – 実家
音楽とは関係のない家庭に生まれ育ちました。記憶にはほとんどないのですが、幼稚園ではヤマハのエレクトーンを習ったのですが「こんなの男子がするものじゃない」と言ってやめたらしいです。
その後小学生時代は水泳と剣道を習いました。特に水泳は頑張っていたと思います。市の大会ではバタフライ50mで優勝しました。
この時は水泳の選手が夢でした。
(後日追加予定)


「夢」というと今でも鮮明に覚えていることがあります。
小学校の同級生の児玉有平くん。彼は漫画家を目指していて「将来、手塚治虫のようにみんなを笑顔にできる、幸せにできる漫画を描きたい」と言っていました。「小学生でそこまでしっかり夢を持てるって、すごいな」とその当時感じ、自分も自然と真剣に考えるようになりました。
中学では水泳部、と思ったのですが、学校にプールがなく、条件が特殊であったために入部ができませんでした。
そんな中先輩の誘いを受け陸上部へ。110mハードルと砲丸をメインに取り組みました。

そして、音楽との出会いがありました。

音楽の先生である白畑先生。とてもエネルギッシュなおばちゃん先生で、ちょっとグレ気味の男子達の扱いも非常に慣れていました。自分の声を聞いて「井上!いい声だな!将来は二期会だな!!」と。その先生は声楽ではなくピアノがメインの方だったのですが。。自分はといえば、「二期会???」と全く当時は分からず、しかも今その通りになるとは。。
実は変声期が早く、小学校高学年では低い声で歌うのが嫌で、あまり歌うこと自体が好きでなくなっていました。
しかし中学に進み、周りも変声期を迎え、そんな中白畑先生との出会いもあり、一気に音楽、歌が楽しくなってきました。

そんな中、とても悲しく、とてもショッキングな事件がありました。
児玉くんがいじめにより殺されたと。新聞の記事で知りました。
中学は別々の学校に進みそれから会うことはありませんでしたが、しばらく何も考えられなくなりました。
ショック、悲しい、そんな感情一つ一つが冷静に自分の中に感じられたのは、しばらくしてからです。

そして母親が習いに行っていたピアノの先生のところへピアノを、そのピアノ先生の紹介でソプラノの大類雅子先生のところへ習いに行くようになりました。

児玉くんが教えてくれた「夢」への憧れ、渇望。勝手に、自分はそのひとかけらだけでも受け継ごうと密かに思いました。

ほとんど記憶にないと言いましたが、幼稚園の時にヤマハのエレクトーンを習っていたという経験は、譜面を読む、ということにおいて少なからず手助けしてくれました。そして水泳や剣道、陸上をやったことは、声楽をやる上で大事な体づくりを結果的に助けてくれました。特に水泳は、全身を使い、呼吸も大事なスポーツですので、声楽にとても役立ちました。
今までやったことは、ジャンルが変わってもつながってくる。そう感じています。

音楽科のある高校に進みたい、と話した時に、父は大反対でした。

今考えると当然のことで、自分が父の立場であったら、同じように言っていたと思います。

しかし、どうしても進みたい、と思い、県のジュニア音楽コンクールにただ一人中学生で参加。なんとか努力賞をいただきました。その時に、「じゃあ、やれるところまでやってみろ」ということで、なんとか、認めてもらいました。

それから山形北高音楽科へと進み、高校では同じ新庄出身のソプラノ志鎌綾子先生の元で学びました。

山形県山形市 – 下宿
高校では早朝、休憩時間、放課後と練習三昧の日々。同じ山形県とはいえ実家からは遠かったので、高校入学時に実家を離れ、3年間は山形市内に下宿。
本当に、ガムシャラに音楽に取り組んでいた記憶があります。
学生時代は、とにかく無口。大学までずっとそうだったかもしれません。

志鎌先生の紹介で、バリトンの平野忠彦先生の元へ。

厳しくも温かく、いつも気にかけていただいていました。
中途半端な演奏をしてしまい「全然ダメじゃないか!」と怒鳴られたこともあれば、「よし、それでいいんだ!」と自分の迷いを吹き飛ばしてくれたことも。
数年前に急逝されましたが、今でも「先生」ではなく「師匠」と思っているのは平野先生だけです。
本当に、心から感謝をしています。
(以下今後追加予定)

東京
芸大(1.17更新)
母校山形北高からは、10年近く芸大に進んだ人はいませんでした。受からなかった、ということもあったかもしれませんが、それ以上に「どうせ芸大なんて受からない」と受けなかったことの方が多かったようです。
駄目元、というところもありましたが、芸大1本に絞り、受験しました。
受けたのは自分と、ホルンの高橋(現 東フィルホルン首席)、そして1浪でバスの先輩。
なんと3人とも合格。高校では、担任が舞い上がって校内放送してしまったようでした…
師匠からは「芸大に入ることが大事なんじゃない、入ってから、卒業してからが大事なんだ」と言われていました。
なので、割と冷静でした。しかしそのテンションで家に報告すると「本当なの?ちゃんと確認しなさいね」と(苦笑)
一応もう一度確認。晴れて東京での生活が始まりました。
現役生の多い代で、皆マイペース。新たな友人もでき、彼女もでき、それなりに満喫した学生生活だったかと思います。
しかし、歌は、苦悩の4年間でした。声楽の成績が悪かったわけではないのですが、やりたいことができない。歌いたいフレージング、音色、、全て自分の実力では何一つ納得できなかった4年間。ありがたいことに学部時代から、合唱、ソロともに外の演奏のお仕事もいただきました。そう言った現場での「経験」は、そんな自分のわずかな「自信」「強み」となっていきました。
よく「良い声!昔からうまかったんだろうね」など言われることが多いですが、とんでもない。学部、大学院の間の試行錯誤、葛藤。地道な努力で、なんとか様になったかな、という程度でした。持って生まれたものがもっと優れている人たちの声を聞くと、羨ましいと思ったこともありました。しかし、それは「羨ましい」と思えば手に入るものでもありません。
「羨ましい」と思ったら自分がそれ以上のものを目指せばいいし、目指さないのならとやかく言ったり思ったりしない。そう決めました。

学部時代は、ドイツ歌曲を中心に学びました。声種は、バス・バリトン。
楽譜は低声用。門下の重唱発表会でも、コッリーネ、ザラストロなどバスの役柄を演じました。
(後日追加予定)

第九 デビュー(1.23更新)
中学時代の声楽の先生からお話をいただき、山形の尾花沢市での「第九」のソロのお話をいただきました。
学部2年生の時です。オーケストラは山形交響楽団。
まさかのお話に、悩みましたが、芸大のレッスン時に平野先生に相談。冒険をさせてくれる先生でしたので「まだ早いけど、思い切ってやってみろ」と背中を押していただき、初の第九ソロに挑みました。

指揮は山響創立者の村川千秋先生。

音楽を始めるきっかけの一つとなった「第九」。そのソロのデビューを山響で、村川先生の指揮で。しかも学部2年生で。

こんなに緊張した舞台はありませんでした。テクニックも声も何もかもが足りない。そんな中で精一杯もがいた公演でした。しかし、色々な方のサポートもあり、なんとか無事終えることができました。

今でも、大切な、大事な経験、思い出の一つです。

 

大学院(1.23更新)
大学院は先生と相談し「ソロ科(歌曲などをメインに学ぶコース)」を受けることにしました。

と言っても、オペラ科、ソロ科どちらも合格後に選択(オペラ希望の場合はその後にさらに試験を受ける)する形でしたので、合格後、ソロ科、で提出する予定でおりました。

しかし、、、師匠が「ごめん、オペラ科の主任になったからオペラ科きて」と(爆)

いやはや、それで180度方向転換。オペラ科へと進むことになりました。しかし、それが自分にとって、とても良い経験、勉強の期間となりました。
(後日追加予定)

 

オペラデビュー
(後日追加予定)

二期会の研修所
(後日追加予定)

レパートリー(後日追加予定)

・学部時代:ドイツ歌曲(後日追加予定)

・大学院:オペラ(後日追加予定)

・研修所:(後日追加予定)

・修了後:(後日追加予定)

ヴィルヘルム・ケンプの歌曲
高校時代、よく様々な演奏家のCDを聴いていました。声楽はもちろん、オケや、ピアノなど。
ピアノはかなり古い演奏家の録音を中心に聴いた時期がありました。その中でも特に好きだったのが「ヴィルヘルム・ケンプ」でした。戦前、戦後と活躍したピアニスト。しかしそれ以外にもオルガニスト、そして作曲家という面も持っていました。
はじめはまだ「ピアニスト ケンプ」の存在しか知りませんでした。他のピアニストとは違う、独特の世界観、哲学を持ったピアニストで、人間的な響きのする音楽が大好きです。
そしてある日ベートーヴェンのピアノソナタ全集を購入。
その時にボーナスCDがついてたのですが、そこにケンプ作曲の歌曲が4曲、収録されていました。
「ケンプが書いた曲?!」
作曲家としてのケンプの存在を知り、驚き、それと同時に、いつかこれらの曲をやってみたい、と思うようになりました。
そしてある日、ケンプの作品について詳しい、アジアで活躍なさっている指揮者の山路さんとコンタクトを取ることができ、ケンプの楽譜の入手先を教えていただきました。そして無事取り寄せることができ、今まで数回、ケンプ歌曲を披露するコンサートを行いました。
(以下今後追加予定)

上海
海外での初の演奏は、2010年、上海万博でした。
(以下今後追加予定)

フィンランド
そしてフィンランドへの留学。故郷山形県で、山響さんのコンサートに出た際に、山響ファンクラブの方の紹介でヴァイオリンのヤンネ舘野さんと仲良くなり、コンサートを企画。その時に歌ったフィンランド歌曲「金のかけら」が可愛らしく素敵な作品だったので、もっと勉強してみたいとヤンネに話したのがきっかけでした。フィンランドのヘルシンキでマリア・ホロパイネン先生(舘野泉さんの奥様)にフィンランド歌曲を教えていただきました。
(以下今後追加予定)

日本
そしてこの時期に、もう一つのショッキングな出来事がありました。東日本大震災。

実家のある山形県は大きな被害は出ず、不幸中の幸いではありました。それでも数日は連絡が取れず、東北の他県にも知り合いも多く、生きた心地がしませんでした。

その後都内でチャリティーコンサートを数度開催。しかし、音楽仲間も、公演が「自粛」でキャンセルになったり、それぞれの生活に非常に影響の出ていた時期で、それもまた限界があり、自分自身の無力さに絶望を感じた時期でもありました。

その後、毎年、自分が現地へと赴き、演奏を届けるスタイルで、毎年継続させていただいています。
そのスタイルでも、現地の方々のご協力がなければ成せないことです。押し付けになってはいけない。毎回毎回、開催の相談から時間をかけて進めます。それでも、本当にこの選択が正解なのか、それはわかりません。でも、信じて続けていきたいとは思っています。

デビュー10周年記念リサイタル
(後日追加予定)

CD
(後日追加予定)

企画
自分は歌曲でスタートしたのでオペラも歌曲も好きです。最近は宗教曲のソリストのお話もたくさんいただきます。
その中で「歌曲」は依頼されるケースは少ないジャンルなので、自分で企画をすることも増えてきました。
演奏家は製作を兼ねることはあまり良くないと思っています。今は素晴らしい仲間に恵まれ、小さなものを中心に進めてはいますが、本格的なものは周りの方のご尽力なしにはできないことです。人との「縁」、そして「感謝」。これもまた忘れてはいけないことだと思っています。

教えること
(後日追加予定)

 

 

素晴らしい仲間たち(文章は後日追加予定)

・金持亜実さん(ソプラノ)
芸大の後輩で、共演回数の多いソプラノさん。金持さんが学部生の時から、そのしっとりとした歌声と品格のある音楽性が大好きで、多くのコンサートで手伝ってもらいました。現在は芸大大学院の博士課程も修了し、非常に売れっ子に。人柄、実力ともに素晴らしいソプラノです。
(以下今後追加予定)

・ヤンネ舘野さん(ヴァイオリン)
自分がフィンランド歌曲を歌うきっかけになった存在です。故郷山形にある山形交響楽団で何度か歌わせていただいた際に仲良くなり、コンサートで共演。その際に歌ってみたフィンランド歌曲を気に入り、それからヤンネのお母さんであるマリア・ホロパイネン先生(舘野泉さんの奥様)に東京とフィンランドでレッスンをしていただきました。
ヤンネのヴァイオリンは、ヴァイオリンと思えないほどに暖かい音色で、人柄が表れているようです。
(以下今後追加予定)

・小瀧俊治さん(ピアノ)
同じく東北出身(仙台)で、最も共演回数の多いピアニストです。男性的な力強い音色やしっかりした音楽。
普段ほんわかしてますが、演奏には内なる情熱で溢れています。人柄が良いこともあり、多くのアーティストから信頼を寄せられている方です。弟分であり、友であり、音楽仲間であり、飲み友達であり笑。自分に彼女ができたり別れたりした時には相談したことも笑。自分も全幅の信頼を寄せているピアニストです。
(以下今後追加予定)

・米津真浩さん(ピアノ)
(文章は後日追加予定)

・川口成彦さん(ピアノ)
芸大の楽理科からピアノ、フォルテピアノの道に進んだ異色のピアニスト。しかしその演奏は「本物」で、その演奏からは音楽に対する「愛」が熱いほどに伝わってきます。声楽とのアンサンブルにも積極的で、「歌曲」のジャンルにてよく共演してもらっています。
2015年のデビュー10周年記念リサイタル(サントリーホール・ブルーローズ)ではモダンピアノ(スタインウェイ)、フォルテピアノ(エラール)の2台を弾いてもらいました。近年は国際コンクールでも立て続けに優勝、入賞の快進撃で、CDも海外からリリースされています。
(以下今後追加予定)

・浜野与志男さん(ピアノ)
(文章は後日追加予定)

・武田文志さん(能楽師)
(文章は後日追加予定)

・出井則太郎さん(テノール、カウンターテノール、他)
(文章は後日追加予定)