ここ数年、フィンランド歌曲に取り組んでいます。友人のヴァイオリニスト舘野ヤンネ氏と演奏会を行った際、せっかくだからヤンネの出身のフィンランドの歌曲を、ということで初めて歌ったのがオスカル・メリカントの歌曲「Kullan murunen 金のかけら」でした。
「浜辺の歌」に似た雰囲気で、非常にシンプルで可愛らしい歌曲です。

Sinä kullan murunen, kullan puhtahimman,
君は金のかけら それもとっても純粋な金のかけら
minä vasken palanen, vasken ruosteisimman.
僕は銅の破片  それも錆びきってしまった銅の破片
Minä kultahan kun sulan, vältän ruostumisen pulan.
僕は金と解け合う事で 二度と錆びる事はないんだ
Sinä kullan murunen, kullan puhtahimman,
君は金のかけら それもとっても純粋な金のかけら

フィンランド歌曲の美しさに惹かれた私は、それからフィンランド語の勉強を始めました。
フィンランド語は世界一難しい原語とも言われ、活用は15格もあります。しかし日本と同じ膠着(こうちゃく)語であること、そして農耕民族であることからリズム感も日本と似ている所も多くあり、親しみやすい一面もあります。
勉強を始めてすぐに、ヤンネのお母様で、フィンランドのシベリウス音楽院で長らく後進の指導をしていらしたメゾソプラノのマリア・ホロパイネン先生のレッスンを受けました。
maria
マリア先生は日本語は話せないので、レッスンは英語と覚えたてのほんの少しのフィンランド語とで行われました。その時にも「金のかけら」を含むメリカントの歌曲、トイヴォ・クーラの歌曲をみていただきました(フィンランドといえばシベリウスが知られていますが、彼はスウェーデン系であり、歌曲の多くはスウェーデン語で書かれてあります)。マリア先生は「あたたかな音楽」を非常に大切になさっていて、レッスンも素敵なものでした。
首都ヘルシンキは日本からは意外と近く、そして非常に美しい都市です。一日もあればヘルシンキ市内は歩いてまわる事ができます。治安もかなり良いほう。非常に快適でした。世界遺産のスオメンリンナ(= スオミの城塞。Suomiとはフィンランドの事)も非常に美しい島です。
冬は極寒ですが、雪国育ちの私は耐性があります(笑)森と湖の国フィンランド。サンタの国、ムーミンの国。サウナ、オーロラ、 トナカイ料理、 世界一まずいと評判のサルミアッキ(フィンランド人は皆大好きですが)など、新たな世界が開けます。10時間ほどで到着します。是非一度足を運んでみてください。

********************