吉見友貴ピアノコンサート

昨日赤坂ベヒシュタインセンターにて、久しぶりに吉見友貴さんのコンサートを聴いてきました。

0001-212x300

バッハ   平均律第1巻第22番 変ロ短調 BWV 867
ブラームス パガニーニの主題による変奏曲
ショパン  舟歌 嬰ヘ長調 Op. 60
ラヴェル  ラ・ヴァルス ニ長調 Op. 35

 

2月に、ソフィアザールサロンにて企画させてもらったコンサートに出演してもらい、自分もお客様も、その演奏に引き込まれ、また将来のさらなる可能性も感じました。

実力はもちろん、人柄も素晴らしい青年で、これからどんどん活躍して欲しいと思っているピアニストです。

 

ブラームスは初めて生で聴きましたが、素晴らしい演奏でした。

テクニック、音楽性、構成力どれも素晴らしいもので、無理な背伸びをせず、しかし真剣に取り組んだ等身大の演奏がとても好印象でした。

DfOso2-V4AE0GC4.jpg-large

益々の活躍を祈っています!

コメント

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)