芸大オペラ『フィガロの結婚』

昨日は、芸大の第61回オペラ定期《フィガロの結婚》を観てきました。

昔の教え子の青木君が伯爵役で出演。他にも、ヴェルディ協会のコンサートで出てもらった高品さんが伯爵夫人で。

実は自分が大学院の時のオペラもフィガロでした。自分はフィガロ役。

第49回のフィガロの結婚のフィガロ役、第50回のコジ・ファントゥッテのグリエルモで出演いたしました(どちらもH.M.シュナイト先生指揮)。懐かしい。。

今回のフィガロも大変素晴らしい公演でした。

やはり日本の音大ではトップクラスなのだと実感しました。

毎度のことながら満席。

ただし、だからと言って完成されているわけではなく、これからが彼らの出発なのだと思います。

感じた課題なども多く、それも伝えました。

 

自分の席の隣には先日共演したばかりの美人ピアニストさん、近くの席には自分の学生時代の先生方がズラリと。

退官なさった先生方も何人も聴きにいらしていて、久々にお話させていただきました。

 

コメント

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)