【リサイタルに向けて – 出演者】

10年間の集大成として開催する「井上雅人バリトンリサイタル」に向け、着々と準備が進んでいます。

時期は

2015年3月20日(金)18:30開演予定

サントリーホールのブルーローズという素晴らしい会場で行なわせていただきます。

 

共演者は

まずはピアニスト・フォルテピアノ奏者の川口成彦氏。

川口成彦1

今までもリサイタルの他、宇都宮美術館クリムト展関連企画でのベートーヴェン歌曲、ヴィルヘルム・ケンプ歌曲の日本初演など、様々なコンサートで共演してくれました。

上手いだけでなく、音楽を純粋に愛し、楽しんでいるのが素晴らしいです。

今回は偶然にも、サントリーホール所有のフォルテピアノエラールが昨年よりまた使用可能になったとの事で、前半にフォルテピアノ、後半にモダンピアノという贅沢な内容で行ないます。

 

次にヴァイオリニストのヤンネ舘野氏。

984080_455218094608657_1166179144630291531_n

僕がフィンランド歌曲と出会うきっかけを作ってくれた友人です。

山形交響楽団の第二ヴァイオリンの首席をしているヤンネ氏。山響さんと演奏させていただいた際に仲良くなり、一緒にコンサートを開いた際に、ヤンネの出身のフィンランドの曲をやってみようと思い歌ったのがメリカントの「金のかけら」でした。
それからヤンネのお母さんでメゾソプラノ歌手のマリア・ホロパイネン先生にフィンランド歌曲を教えていただきました。お父様はピアニストの舘野泉氏。音楽に囲まれ育ったヤンネの奏でるヴァイオリンは、非常にあたたかな音色と音楽で、素晴らしいです。

 

ソプラノ金持亜実さん。

kanaji

芸大の後輩で、非常に歌心のあるソプラノさんです。

人柄も良く、いつもコンサート等手伝ってもらっています。今回はワーグナーのヴェーゼンドンク歌曲集の中の曲を歌ってもらおうと思っています。

 

テノールの榛葉樹人氏。

shinba

一歳下で、とても誠実な演奏をするテノールさんです。ご一緒したのは、ヤマハホールで行なわれた二期会のアフタヌーンコンサートでした。今回は〈マクベス〉のマクダフをやってもらいます。

 

他に合唱で教え子たちにも歌ってもらいます。

 

金沢青児君。テノール。

芸大作曲科時代に、3年ほど声楽を教えていました。その後声楽に進みたいという想いを聞き、ゴーサインを出しました。非常に上手い歌を歌うテノールで、歌曲、宗教曲など素晴らしい歌を歌うようになりました。合唱にも造詣が深く、今回は合唱指導もお願いしています。

 

青木海斗君。バリトン。

芸大受験時に教えた子で、教え子で芸大大学院に進んだ第一号です。

マイペースで負けず嫌いのバリトン。年々、良い歌を歌うようになってきました。

故・平野先生から学生時代にもらったヴォルフ作曲「プロメテウス」を最初にきちんと伝えた教え子も海斗君です。

 

藤崎優二君。バリトン。

教え子で芸大に初めて合格した子です。

持ち声が非常に良く、主役級を張れる声を持っています。

声がとても乗って来ているので、今一番頑張ってほしい子です。

今回はテノールの役柄ですが〈マクベス〉マルコム役もやってもらいます。

 

山崎聡一郎君。バリトン。

一番新しい生徒です。

慶應のワグネル男声合唱団に所属し、とても通る声を持っています。

固さが取れてくればさらに良い声になるはず。

 

などなど、自分にとって素晴らしい仲間たちと共に演奏出来る事を幸せに思っています。

 

内容などはまた後ほど。

この記事へのコメントはできません